ホーム > 推進体制

推進体制


推進体制体系図

推進体制体系図

推進体制の整備

県と市町との連携

県と地域づくりの中心となる市町との十分な連携を図るため、「県と市町の企画政策会議」を設置。

「内陸のフロンティア」を拓く県と市町の企画政策会議(事務局:県政策企画部地域振興課)

関係部局が連携し、各種の施策を一体的に取り組むことができるよう、庁内に「内陸のフロンティアを拓く推進会議」を設置するとともに、市町の地域づくりを支援するためワンストップ相談窓口を、賀茂・東部・中部・西部の各地域政策局に設ける。

内陸のフロンティアを拓く推進会議(事務局:県政策企画部地域振興課)
  • 知事を本部長とし、県庁の各部局長で構成する県庁内の組織で、取組に関連する施策の連絡調整等を実施
    推進会議設置要綱
チーム「フロンティア」
  • 県の出先機関(地域政策局、土木・農林事務所等)の職員で構成し、県内4箇所の地域政策局に設置した組織で、取組に関する市町等からの相談をワンストップで受けるとともに、市町の地域づくりに技術的アドバイス等の支援を実施
「内陸のフロンティア」を拓く地域協議会(事務局:県政策企画部地域振興課)
  • 県や関係市町、民間団体等で構成し、総合特区の指定申請や指定後の総合特区計画の作成・推進に関する調整、「内陸フロンティア推進区域」の取組計画及び状況に関する情報提供等を実施(総合特別区域法に基づく法定会議)
    地域協議会のページへ
市町の総合特区推進協議会(事務局:総合特区関係の各市町)
  • 事業実施企業やNPO、金融機関、行政(国、県、市町)等で構成し、総合特区事業の推進に関する合意形成等を実施

市町

本取組に基づく地域づくりを推進するため、自治会や民間事業者、NPO等との協働による推進体制を整備していく。