アメーラトマトの先進的施設園芸拠点の竣工式典

6月10日に、小山町上野の内陸フロンティア推進区域内で整備してきた、富士小山次世代施設園芸拠点の竣工式典が開催されました。栽培面積4haという県内最大規模のハウスが立ち並び、ICTによる高度環境制御、木質ペレットの活用による暖房設備などを備えた、まさに次世代の施設です。

式典のあと、加藤寛治農林水産大臣政務官、川勝県知事、込山町長などによるテープカットが行われました。

DSC_9153

施設の内覧では、来賓の皆さんは富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアムの稲吉正博会長からの説明に熱心に耳を傾けていました。高糖度トマトで大人気の「アメーラトマト」の一大産地となることが期待されます。

DSC_9177