磐田市渚の交流館がオープンしました

  概観   軽トラ市 

福田漁港周辺は、水産資源、自然環境、景観など、魅力的な資源に恵まれた地域です。
この資源を活用して、遠州地域の食に関する情報の発信や海辺のにぎわい創出などを目的に、「磐田市渚の交流館」が整備されました。
交流館は、海をいかした地域づくりのお手伝いをする拠点として、日本財団が提唱する「渚の交番」にも位置づけられ、磐田市、袋井市、日本財団の3社が連携して運営していきます。
5月22日(日)は、オープンを記念し、軽トラ市や磐田市の企業による防災展示会などを開催し、多くの来場者で賑わいました。

磐田市”渚の交流館”ウェブサイト