東名足柄SAへのスマートインターチェンジ設置に向けて

小山町では、東名高速道路の大井松田IC~御殿場IC間にある「足柄サービスエリア」へスマートインターチェンジを設置するにあたり、平成28年5月18日、スマートインターチェンジ制度実施要綱に基づき、国土交通省、静岡県、静岡県警察、中日本高速道路(株)、御殿場市、小山町等で構成する地区協議会を設置しました。

地区協議会において、連結許可申請に向けた『(仮称)足柄スマートインターチェンジ実施計画書』が承認されました。

足柄サービスエリア北側には、小山町の内陸フロンティア推進区域「東名高速道路足柄サービスエリア周辺を広域都市交流拠点とした土地利用事業推進区域」が広がっています。この区域へのアクセス性向上はもとより、静岡県の新たな東の玄関口として、地域活性化への大きな役割が期待されています。

スマートIC完成イメージ

【上り線側イメージ】
上り線イメージ

【下り線側イメージ】
下り線イメージ

会議資料など詳しくは、小山町役場のホームページをご覧ください。