「優良田園住宅」 市山地区でも事業が動き始めます

8月12日(火)、「内陸フロンティアを拓く取組」に位置付けられている本市の「ゆとりある田園居住区整備促進事業」のうち、市山地区の開発計画について、事業者(伊豆総業株式会社)から三島市長に計画概要の報告がありました。

事業用地は東駿河湾環状道路三島塚原ICから車で約5分、旧国道1号沿いの市山グラウンド付近で、このたび地権者との土地売買契約が締結されました。都市計画法に基づく各種手続きが順調に進めば、来年夏にも11区画の宅地造成が開始される見込みです。

なお、本市では大場地区でも同様の事業が進められており、「ゆとりある田園居住区整備促進事業」としては2例目となります。

優良田園 市山