磐田市下野部工業団地開発安全祈願祭が開催されました

平成26年4月2日(水)、「磐田市下野部工業団地開発安全祈願祭」が開催されました。磐田市下野部工業団地は、磐田市北部の内陸部に位置し、新東名高速道路(仮称)新磐田スマートICに直結可能な工業団地で、約28ヘクタールの用地を分譲する計画。造成完成は2016年3月末を予定しています。
安全祈願祭には開発事業者の矢作建設工業㈱、渡部修磐田市長、地元自治会役員など、約40人の関係者が工事の安全を祈願しました。

 

DSCN0018
                         玉串奉奠を行う渡部市長

また、安全祈願祭終了後、「ふじのくに内陸フロンティアプロジェクト知事褒賞」の授与式が行われました。
”磐田市下野部工業団地開発事業”が、静岡県が行う「内陸のフロンティア」を拓く取組の基本理念である防災・減災と地域成長の両立を目指すモデル事業として認められ、今回、知事褒賞を受賞し、橋本静岡県西部地域政策局長から藤本矢作建設工業㈱社長に褒状の授与が行われました。

DSC00756
      褒状を授与する橋本局長と藤本社長