大規模災害時における被災者支援協力に関する協定書締結式

10月17日(木)静岡県行政書士会と磐田市は大規模災害時において市民が迅速な生活再建ができるよう「大規模災害時における被災者支援協力に関する協定」を締結しました。

この締結は県下8市目で西部地域では袋井に続き2市目となります。大規模な災害が発生した際、各種申請の相談や手続きの代行など事務の手続きなど市民相談の窓口として被災者支援を行います。

岸本会長が「福島での活動でも、住民の行政手続きの利便性を図るということは必要な手助けだと痛感しました。どのように進めていくか課題を検討しながら、よりよい協力ができるようにしていきたいです」と話すと、市長は「災害発生後、時間が経過するにつれ、書類などの作成も住民にとって大変な作業になってくるはずです。ネットワークを広げ、身近な災害にも危機感を持って備えていくことが大切です」と協力を求めました。

T1-thumb-800x800-1447  T2-thumb-800x800-1448
協定書にサインをする岸本敏和会長と渡部市長   協定書を交わし握手

T3-thumb-800x800-1449
協力し合うことを確認しました