1 要旨

 沿岸・都市部の防災・減災対策を最優先に実施しながら、地域産業の活性化やゆとりある住空間の整備を促進するとともに、新東名等、高規格幹線道路IC等の周辺地域においては、地域資源を活用した新しい産業の創出・集積や、自然と調和したゆとりある暮らし空間の整備を促進します。
 更には、沿岸と内陸、隣接県や海外に至る様々なレベルで活発な「対流」が発生する活力ある都市圏の形成を目指すとともに、誰もが望むライフスタイルを選択できる環境を創出することにより、安全・安心で魅力ある県土の実現を図ります。

2 全体構想

基本目標 安全・安心で魅力ある県土の実現
基本戦略 戦略1 沿岸・都市部のリノベーション【再生】
戦略2 内陸・高台部のイノベーション【革新】
戦略3 内外に開かれた多中心の対流型都市圏の形成
戦略4 多彩なライフスタイルの実現

3 第2期基本計画

戦略1 沿岸・都市部のリノベーション【再生】 ○推進区域における事業に対する支援の継続 
○「静岡方式」による津波対策の推進
○漁業を支える基盤整備の支援 等
戦略2 内陸・高台部のイノベーション【革新】 ○推進区域における事業に対する支援の継続
○緊急物資の輸送等に係る民間事業者との連携強化
○地域農業の担い手への農地集積・集約化の促進 等
戦略3 内外に開かれた多中心の対流型都市圏の形成 ○広域的な圏域形成に向けた調査・検討
○コンパクト・プラス・ネットワークの形成
○地域の基幹となる道路整備 ○観光・交流拠点の充実・強化 等
戦略4 多彩なライフスタイルの実現 ○地域防災力の維持・強化 ○サテライト・オフィスの誘致
○移住・定住の促進 ○景観形成の推進 等

※詳しくは下記資料をご覧ください。

※「“ふじのくに”のフロンティアを拓く地域協議会」の会議資料は、静岡県ホームページから閲覧できます。